検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

カレンダー

2019年9月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

※赤字は休業日です

  • オススメ
商品コード:
masuizumi.ginjou

満寿泉 純米吟醸 1.8L

販売価格(税込):
3,240
ポイント: 0 Pt
メーカー:
桝田酒造 -富山-
関連カテゴリ:
日本酒
日本酒 > 純米吟醸
金額別 > ¥3000〜
内容量 > 1.8L
山田錦特有のふくよかでたっぷりとした旨みとフルーティで柔らかい味わい、穏やかな吟醸香がバランスよく調和しています。純米の旨みとコクを残したまま、吟醸の洗練された香りを兼ね揃えています。

飲み方は、冷や、常温、ぬる燗でお召し上がりください。



----------------------------------------------------

満寿泉 純米吟醸 1.8L

原材料:米・米麹
精米歩合:60%
日本酒度:+5
アルコール度数:15〜16

----------------------------------------------------

のし・包装ご利用の際には、包装方法の画面で選択し、カゴにお入れください。(無料)
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

桝田酒造

かつて北前船(地元ではバイ船と呼ぶ)の交易で栄えた廻船問屋
の町屋や料亭のたたずまいに往時の繁栄が漂います。
桝田酒造店は、この界隈のなかほどに蔵を構えています。
初代兵三郎は、当時岩瀬の五大家と言われていた廻船問屋から妻を迎えた長男亀次郎らと共に
北前船に乗り、開拓の地 北海道旭川にて酒造業を興した。 旭川酒造史に「都松」の商標で最初に
登場するのは明治26年のことである。年間1,500石と明治年間としてはとても大きな規模にまで成長
するが、亀次郎の妻フデが明治36年の寒波の後、「もう岩瀬に帰りましょう。」と言い出し、明治38年
現在地に戻った。
岩瀬では「岩泉」という銘柄で始めたが、港の芸者衆にも飲んでもらう為、昭和の始め頃今で言う
別ブランド展開で苗字の桝田にちなんだ「満寿泉」というまことにめでたい名をつけ販売した。
それが成功し、現在は「満寿泉」が主力ブランドになった。

美味求眞

美味しいものを食べている人しか美味しい酒は造れない。
私共は美味求眞はもう一つのモットーと考えます。富山という地は
海の幸、山の幸にふんだんに恵まれ、当然舌が肥えます。
日本酒も新鮮な素材を活かす事が求められます。
立山連峰からの膨大な雪解水が富山湾に注ぎ込み、富山ならではの
甘海老やシロエビ、寒ブリ、バイ貝、ホタルイカ、ズワイガニが育ちます。
あじ、さより、きすなどの小魚の種類の多いこと。深い雪の下から芽吹く
山の精気を蓄えた山菜の数々はまさに精神的な薬膳です。
自然の味が濃く凝縮した素材には、流行りの淡麗辛口は役不足。綺麗であるが味のしっかりした
旨い満寿泉はこうして磨かれています。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。